サンフランシスコ湾、陸っぱり。干潮で釣れたのはまたこの魚。エビスザメ ! Sevengill shark in San Francisco bay, California

よろしければシェアお願いします!(^-^)




サンフランシスコ湾、陸っぱり。干潮で釣れたのはまたこの魚。エビスザメ ! Sevengill shark in San Francisco bay, California

 

Hi, かなたです。今日はのんびり、サンフランシスコ湾でおかっぱりです。行く場所はいつもの釣り場、フィッシャーマンズパーク。もうこのサイトではお馴染みですよね。オイラにとってはホームグランドならぬ、ホームベイといった所です。気合を入れた釣りというより、のんびり休日を過ごすために来ています。

サンフランシスコ湾でのおかっぱりは今年になって2度目。久しぶりの海釣り、頑張るよ~。

場所はコチラ。

 

さあ、やってきました。フィッシャーマンズパーク。修理中だった愛車も無事、復活してます。(^ー^)

今日は生憎の曇り空。だけどこんな日こそ釣れるんですよね。大物が釣れる日はいつも天気はあまりよくない気がする。。。

 

天気以外にいつもと違う所は、潮のコンディション。今は引き潮なんです。もうすぐ干潮をむかえます。

サンフランシスコ湾岸は遠浅の地形が続いているので、干潮時は本当に水深が浅くなります。遠くにぶん投げても水深は2mぐらいしかないかも。

そのため、いつもは満潮を挟んで前後2時間ぐらい釣りをしているのですが、今回は調査も兼ねて干潮時にチャレンジ。

 

果たして魚はつれるのやら。。。

 

早速釣りの準備です。いつものようにぶっこみ釣り。エサはアンチョビとイカ。

レギュレーション的にフックは2本までOKですので、フック毎に餌を変えてみてどちらに喰ってくるか見てみようと思います。

 

投げた後はひたすら待つだけ。

1時間経過。アタリ無。エサを付け替えてひたすら待つ。





そろそろ2時間経過。干潮を迎えて足場の下は岩がむき出し。。。

 

さすがに魚はいないか〜。諦めてそろそろ帰ろうとした時、

「ギィー」とドラグが出ている!!(;゚Д゚)

アワセて、リールを巻きます。結構、引く! 無理せずゆっくり寄せて、、、

 

釣れたのはコチラ! エビスザメ! またお前か~。

前回釣ったやつより顔がちょっと大人っぽい。

 

体長は90cmぐらいだけど、今回のエビスザメは胴回りが結構太い。ズシッと重かったし。

 

エビスザメは英語ではBroadnose sevengill shark, または単純にsevengill sharkと呼ばれています。

sevengillとは7つの鰓(えら)のこと。そう。エビスザメはサメの中では珍しく7つのエラを持つのです。(普通のサメは5つ)

確かに7つ切れ込みがありますね。

 

「早く海に返せコラ!」と怒っているみたいなのでそろそろリリース。

 

歯が結構するどい。噛まれないように運んで海に返します。結構重い。。。

 

ゆっくりと帰っていきます。

 

今日、釣れたのはこの一匹だけでした。ちなみにエサはアンチョビで釣れました。

 

干潮でもこのサイズのサメは岸近くまで来ているということがわかり、有意義な釣りでした〜。

 


よろしければシェアお願いします!(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × four =