ストライプトバス釣りin デルタ(Striped Bass fishing in the Delta, CA)




ストライプトバス釣りin デルタ(Striped Bass fishing in the Delta, CA)

 

 

Hello, かなたです。今回はデルタにストライプトバスStriped Bassを釣りに行ってきました。この魚は別名ストライパーStriperとも呼ばれ、淡水でも海水でも生息するかなり大型の魚です。大きいものは1mを超すらしいです。。。カリフォルニアでのフィッシングではかなりメジャーな魚で多くのアングラーがターゲットにしていますね。まだ私は釣ったことないですが以前、パシフィカにカニ釣りに行ったときに近くで釣りあげていたのを見ましたが凄い迫力のある魚でした。その時の記事はコチラ

と、いうわけで、今回で2回目となるデルタにやってきました。場所は前回デルタを訪れた時と同じくアンティオック(Antioch)、「バーバラ プライス マリーナパーク(Barbara Price Marina Park)」の近くです。前回のデルタでの釣りはボウズでしたが、今回は頑張るぞーー!

 

いざ、出発。ペニンスラからサンマテオブリッジSan Mateo Bridgeを渡り、アンティオックAntiochへ向かいます。サンフランシスコ出発の場合はベイブリッジを通って行くことになると思います。

 

出発して約1時間でデルタが見えてきました。日帰りのお出かけにもちょうど良い距離ですね。

 

今回はすぐ釣り場に向かわず、”Ghost shrimp”を買いにベイトショップに向かいます。そう前回、次デルタに釣りに来たときは必ず立ち寄ると店主に約束したあのお店です。

しかし、残念ながら”Ghost shrimp”は売り切れ。。。仕方なくアンチョビを購入。

 

釣り場に着きました。今回は前回とは違い釣り用桟橋ではなく、この河岸から釣ってみます。大物が掛かったときに取り込みやすいので(^^)

 

それではまずは恒例の魚群探知機ディーパーでの川底チェック。一気に水深11mまで深くなってますね。さすがサンウォーキン川。

魚影もちらほら見えますね。しかしやっぱり川底は藻がびっしりですね。前回、根掛かりが多かったわけだ。。。

 

それでは早速釣り開始です。使うロッドはいつもの2本。投げ釣り用とルアー用。

まずは購入したアンチョビを付けて投げておきます。仕掛けは根掛かりしないよう、丸いシンプルなオモリとハリ一本。エサのアンチョビが身切れしないように軽く投げます。

 

この後はルアーをひたすらキャストします。こちらが本命。今回使ったルアーは主にスピナーベイト、ワーム、ミノー。

 

と、威勢は良かったのですが。。。全然釣れないまま時間だけが過ぎていきます。

一緒に来ている相方は暇なので、デルタの写真を空撮。確かに夕暮れ時のデルタはとても綺麗なので、いくつか写真を載せておきますね。

コチラは対岸(北側)を向いたところ。

 

私たちがいる河岸のさらに南側はマリーナになっていてたくさんクルーザーが泊まっています。

 

東側。サンウォーキン側の上流側を見ていることになります。綺麗ですね~。

 

西側。Suisun Bayが見えてますね。さらに下流に行くとSan Pablo Bay -> San Francisco Bayと続いていきます。

 

そして、とうとう暗くなってきました。

 

ヤバい。前回と同じくボウズの気配が漂っている。。。

 

とそんな時、キターー! FISH ON!

 

釣れたのはコチラ! これは狙っていた獲物、ストライプトバスStriped Bassですね!!ヤッター。

 

しかし、残念ながら小っちゃすぎる。。。30cmぐらいしかない。リリースですね。バイバーイ。

ちなみにレギュレーションで約46cm以下のストライプトバスはお持ち帰りできません。

 

リリース後はもう後片付けして今日は終了。

大きくはなかったけど、ストライプトバスが釣れてちょっとホッとした釣果でした~。

次回こそは大物狙うよ~。(^^)




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 2 =