ネコリグに挑戦 ロックロモンド湖 (Loch Lomond Reservoir in California)




ネコリグに挑戦 ロックロモンド湖 (Loch Lomond Reservoir in California)

 

 

こんにちは。淡水だとボウズ率が50%を越える、かなたです。最近はルアー釣りに凝っていて「youtubeで勉強」->「実際に試す」の繰り返しです。誰かルアーの動かし方教えて。。。

それはさておき、今回はロックロモンド湖 Loch Lomond Reservoirに行ってきました。湖で釣るときはいつもならEast Bayのリザバーに行くのですが、「ロックロモンドではバスが釣れる」と教えてもらったので今回初挑戦です。

場所はコチラ。ベイエリアからは"Santa Cruz Hwy"を通って南下するので、休日は多少の渋滞を覚悟してください。それでもサンフランシスコからは2時間もかからないんじゃないかな〜。

 

前回のサン・ルイス貯水池 (San Luis Reservoir)での経験から、「この時期のインランドでの昼間の釣りは暑すぎで地獄」ということを学んだので、今回は夕方からの参戦です。

こちらロックロモンド湖についたのは夕方4時ぐらい。それでも今の時期はこの看板の通り、夜8時半までゲートは開いてます。

 

ゲートを越えて車でちょっと行くと湖の見える駐車場に到着です。(^ー^)

 

駐車場の脇には売店があり、ここでカリフォルニア フィッシングライセンスも売っています。確か、一日券も年間パスもどちらも売っていました。ロックロモンド リザバーはこの湖固有の漁券(permit)は特にないので、カリフォルニアのライセンスを持っているアングラーの方は追加で何か買う必要はないです。

また、餌(Bait)も買えます。今回はルアーの練習に来たのですが、念のためRedwormを購入。^^;

 

それでは時間もないので、早速釣り場に向かいます。湖に沿ってあるトレイルを歩きながら良い場所をさがします。しかし夕方の4時半ぐらいなのにまだまだ暑い。。。

 

それにしても綺麗でいい感じの湖です。大きさもちょうどいい。

 

このデカイRedwoodの脇の桟橋で釣ってみよう。ベンチもあるし。

 

魚群探知機ディーパープロをキャストして、リザバーの地形と魚影を見てみます。

湖底に魚影が。やっぱりまだ暑いのでお魚さんは湖底か。岸が近くなるとどんどん浅くなってきてますね。

 

早速釣り開始です。暑いのにフードをかぶっているのは強烈な西日を避けるため。

 

今回はネコリグに挑戦です。ネットで調べたところ、4インチぐらいのワームの頭にシンカー(オモリ)を入れ、針はワームの中央に引っ掛ける感じ。キャスト後のフォール中が大事で、この時バスがヒットするらしいです。

ワームに寄ってくる魚影は多々あるのですが、ヒットせず。ちょっと魚が小さいか。。。

 

浅瀬を見ると小魚がたくさん。ブルーギルとバスの子供たちかな。

 

ネコリグでもなかなかBassはヒットしないので、岸近くのブルーギルを釣って、泳がせ釣りをしてみることに。こちら、生き餌となった、ブルーギル君。

 

しかし、ここで、最大の不運が!!

小腹が空いたので、持ってきたおにぎりを取りにいっていた所、大きなアタリが! ドラグが出てる出てる。。。

慌てて戻っても時、既に遅し。アワセられず、餌だけとられてしまった。。。

 

その後、ルアーをいくつか変えて頑張るもこちらは釣れず。

 

 

売店で買ったRedwormを使ったウキ釣りにはアタリが。

 

釣れたのはコチラ。サンフィッシュ(Sunfish)ですね。

 

そうこうしているうちに日も暮れました。

 

夜の7時半過ぎ。いい感じで涼しくなってきて、今から釣りを開始したいぐらいだけど、そろそろ帰り支度しないと、ゲートが閉まる。。残念だけどここまで。

 

帰り支度をして、来たトレイルを戻ります。

 

ロックロモンド湖(Loch Lomond)、とても釣りやすくて、きれいな湖でした〜。また来たい。。。

さあ、Santa Cruz Hwyの渋滞覚悟でベイエリアに帰るぞ〜。(^-^)/




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × four =