Catfish(アメリカナマズ)を釣ってみよう in Contra Loma Reservoir




Catfish(アメリカナマズ)を釣ってみよう in Contra Loma Reservoir

 

こんにちはかなたです。今日は天気がいいのでデルタ方面まで遊びに来ています。目的地は コントラ ローマ(Contra Loma)リージョナルパーク内のリザバーです。ここにはブラックバスやトラウト、キャットフィッシュがいるらしいので、こいつらを釣ることが目標です。特に私はこれまで人生でキャットフィッシュ(日本で言う所のナマズ)は釣ったことがないので絶対に釣ってみたい!!ちなみにContra LomaについてはEast Bay のwebSite (http://www.ebparks.org/activities/fishing)に詳細が載っています。場所はこちら。

 

リージョナルパークのゲートで釣り券(1 Day)だけでなく餌(Bait)も売っていました。試しにワーム($3)を購入。すぐに釣り場へGo。着いて気づいたことはこのリザバーは岸近くに藻が多い。数少ないフィッシング用桟橋には人がすでにいっぱいなので、歩いてキャストできる場所を探すことに。

この辺でいいか。。。

 

また、今回から例の魚群探知機を導入しました。試しに何回かキャストして湖底を調べていると、、、

お魚さん発見!! 緑の所は藻なので、なるほど魚はこの藻の周りで休んでいるのですね~。丸見えですよ~。

早速ワームで釣ってみます。

 

すぐ釣れました!!魚群探知機スゲーー。こんなに早くバスが釣れたことこれまでないですが。。。

小ぶりのバスですが、30cmちょっとぐらい。

 

その後はブルーギルが3匹ヒット。しかし、ここのブルーギル中々デカイ。本当にブルーギルだよね、お前たち。

 

その後は特に大きなアタリもなく時間だけが過ぎて夕方に。

 

しかし、キャットフィッシュを釣りたい! 狙いを絞って投げ釣りに変更。さらに魚群探知機でそれらしき魚影を探す。どうやら前方10-20mの所に水面近くまで伸びた高い藻の壁があり、それを超えた沖の方で水深が急に深くなり、底近くに何か魚がいるみたい。

写真ないですが、岸から25mぐらいの所にめがけて投げて待つこと一分。いきなりアタリが。ムッチャ重い。しかし、ラインを強く引かれることはことはとくになし。一見、何かに引っ掛ったような感覚ですが、確かに少し動いているし。

 

仕方ないのでラインが切れないか気にしながら少しづつ巻いていくと、、、

現れたのは大量の藻にまみれたキャットフィッシュ! だから重かったのね。。。

 

こちらは藻を外した後の写真。顔にまだちょっと藻が付いてますが。立派なヒゲありますね~。

全長は48cmでした!!今日一番の大物です。

 

いい加減に暗くなってきたので今日はこの辺で終了です!!Contra Lomaいい思い出をありがとう〜。(^^)


釣り・フィッシングランキング




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 + seventeen =