2019春のバス釣り。今度はストライプトバス! Fishing in San Luis Reservoir, California

よろしければシェアお願いします!(^-^)




2019春のバス釣り。今度はストライプトバス! Fishing in San Luis Reservoir, California

 

はーい。釣り方のスタイルは”Free Style”のかなたです。今回はサン・ルイス貯水池 (San Luis Reservoir)に釣りに行ってきました。このリザバーに行くのは今回で2度目。前回来たのは2年前の夏。カリフォルニアでの初キャンプをするために来ました。(前回の投稿はコチラ)その時は真夏だったので死ぬほど暑かったですが(楽しかったけど)。今回は日帰りのフィッシング。4月上旬ということもあり、San Luis reservoir周辺の緑や花も楽しむ予定です。きっとこのリザバーもバスは産卵期(spawning season)のはず。バスが浅瀬に移動して来ていることを期待して、おかっぱりから大物狙うよ~。

場所はコチラ。

ベイエリアからは車で1時間30分くらい。

 

それでは出発。それにしても車道から見える丘の色が全て緑。ここカリフォルニアではこんな緑が見られるのはこの時期だけかも。

 

サン・ルイス リザバー(San Luis Reservoir)が見えてきました。湖のまわりが緑に囲まれてキレイ。しかし相変わらず湖、デカイな。。。

 

サン・ルイスリザバーの外周すべてに道路があるわけではないので、おかっぱりの釣りが出来るポイントは限られます。今回はポイントとして2か所行ってみる予定。まずはその一つ目、ロメオ・ビジターセンター Romeo Visitor Centerに着きました。

 

こちら、ビジターセンターの駐車場。ここに車を停めて、歩いて湖にアクセスできます。

 

ちなみにビジターセンターの中はこんな感じです。建物内にはキレイなトイレもありますよ。(^^)

 

こちら、ビジターセンターの建物の裏手。今回は写真左側に見える岬のようなところで釣ります。

 

ポイントに向かう途中。キレイな花も咲いていますね。




釣り場に到着。早速、釣り開始です。準備した竿は3本。投げ釣り用1本とルアー用のベイトとスピニングタックルをそれぞれ1つづつ。

まずは深場を狙って、一本投げておきます。エサはアンチョビ。理由は前回の釣りで使用した残りが余っていたから。

 

そして、あとはルアーでこの岬の周りを攻めます。まず使用するルアーはスピナーベイト。ジャッカルのDOOON.

基本的にぶっこみ釣りは深場にいるストライパー (Striped Bass)を狙い、ルアーでは岬の周りにいるブラックバスを狙います。

岬の周りを探りましたが、まだ魚は浅い所には上がってきてないようです。スピナーベイトの後はザリガニワーム(キャロライナ リグ)でボトムを攻めます。

 

ルアーにはアタリはないですが、この間、ぶっこんでいる竿の方で小さなアタリがありました。しばらくしてアタリがなくなったので、えさ交換のため巻いてみると、、、エサのアンチョビが開かれてる!

一帯、どんな食べ方したのやら。。。恐らく小さい魚につつかれたのね。とりあえず内臓のある箇所を中心に食べたみたい。針の位置は内臓近くに指した方がよさそうです。

:

:

釣りを開始して2時間ほど経過。時刻は15時過ぎ。雲がほとんどなく、太陽の日差しが強い。しかも岬が風をブロックしているためかなり暑い。。。

 

というわけでしばし休憩。ルアー用のスピニングにも餌を付けてとりあえず投げ込んでおきます。

休憩が終わったら次の2つ目のポイントに移動しようかな~。

 

と思っていた矢先、投げ用の竿にアタリが!!

キタ――(゚∀゚)――!! FISH ON!

 

釣れたのはコチラ!ストライプトバスStriped Bass !

 

やはり魚はまだ深い所にいるようです。

写真撮り終えたあと、ちゃんと計ったら体長は46センチでした。

 

何はともあれ、ボウズは回避できました~。記念写真をパシャリ。

 

実は46cmは18inchを越えているのでギリギリお持ち帰りOKのキーパーサイズ。だけど今日の所は見逃してやるか〜。

と、いわけでリリース。




その後アタリもないので、いよいよ次のポイントに移動です。

 

同じ湖の違う場所なのですが、15kmほど離れているため車で移動します。

ロメオ・ビジターセンター Romeo Visitor Centerをあとにして、次に向かうのはダイナソー・ポイント Dinosaur Point.

 

こちら、ダイナソー・ポイント近くのビューポイントから。グリーンとブルーのコントラストが最高。

 

ダイナソー・ポイントにつきました。ちなみにダイナソー・ポイントはステートパークになっており、車での入場は$10かかります。パーク内にはボートランプがあります。こちらはボートランプ横の入江。

 

まずはボートランプ北側のロッキーな斜面で釣り開始。軽くスピナーベイトを投げてみました。

しかし、これが裏目。逆風の中、スピナーベイトを投げたので、ベイトリールがバックラッシュ。その間、スピナーベイトが根掛かりしてしまいました。結局、大事なDOOONを失うことに。(T_T)

 

その後もボトムを中心にルアーを投げますが、アタリのないままタイムアップ。

 

今回はストライプトバスが釣れるも、ルアーではノーバイト。それにしてもルアーでのリザバー攻略は難しい。今後も試行錯誤は続きそう。

 

次はルアーでのリベンジを誓ったサン・ルイス リザバーでした〜。

 

よろしければシェアお願いします!(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve − seven =