春のバス釣り in ロス ヴァケロス リザバー Bass Fishing in Los Vaqueros Watershed, California

よろしければシェアお願いします!(^-^)




春のバス釣り in ロス ヴァケロス リザバー Bass Fishing in Los Vaqueros Watershed, California

 

Hello! かなたです。今回はブレントウッド Brentwoodにお花見に行った後の話。実はブレントウッド近くにあるリザバーで釣りをしてきました。今回訪れたリザバーは、ロス ヴァケロス Los Vaqueros Watershed と呼ばれている所です。Brentwoodからは車で10分ぐらい。場所はコチラ。


Contra Cost Water Districtの管轄しているリザバーです。3月は7a.m.-6p.m.の間、オープンしています。4月になると日が長くなるので6a.m.-8p.m.とオープン時間が長くなります。

また、釣りにはカリフォルニアのフィッシングライセンスはもちろん必要ですが、その他、このリザバーでのフィッシングパーミットの購入が必要です。アングラーあたり$6必要です。また、駐車場代も$6です。

 

さて、ロス ヴァケロス Los Vaquerosに着きました~。

サウスゲートで駐車場代とフィッシングパーミット代、合わせて12ドルを払って入場します。

 

リザバーが見えてきました。今年は雨が多かったのでリザバーの周りの丘は綺麗な緑で覆われています。リザバーとのコントラストが美しい。

 

車で一旦、マリーナまで行ってみました。

マリーナには釣り桟橋があります。既にアングラーが数人、陣取っていますね。また、奥に多くのボートが見えます。このリザバーは自分のボートは持ち込めないのですが、貸しボートが借りられます。エレクトリックボートが半日で$50とベイエリア近郊ではかなりリーズナブルなお値段です。

 

また、こんな張り紙もありました。なるほど、レインボートラウトは食べてもOK。それ以外はあまりお勧めしてないようです。

このリザバーでは定期的にレインボートラウトを放流しています。いうなれば自然のデカイ管理釣り場のようなものですね。(その維持費用のため$6の釣り代を取られると思ってもらえれば。)

放流情報は公式WebsiteやFacebookの公式アカウントで確認できます。

 

それでは早速釣り場に向かいます。既に岸には多くの釣り人たちがいますね~。

このリザバーは水辺へのアプローチが簡単なのでルアーを投げながらどんどん湖岸を移動できます。いわゆる「ランガン」向きですね。

 

まずはこのリザバーの最上流部(South Cove)のこの辺から投げていきます。右手側から左手側へ流れ込んでいるイメージです。

あの正面の木の根元あたり、何かいそうですね。

 

左手側(下流側)には何人かアングラーがいますが、皆さん投げ釣り。Catfishを狙っているようです。

 

オイラはコチラ上流側へちょっと移動しながらネコリグを打っていきます。「バスを狙いつつもあわよくばレインボートラウトが掛からないかな作戦」です。

沈んでいる木のまわり等、トライするもアタリ無し。

 

上流側を攻め終わったので、下流側へ移動しながらネコリグ投げていきます。

その後、狙いをレインボートラウトに絞ってスプーンを投げるもアタリ無し。

 

今度はshadにチェンジしようとしている所。コチラがガンガン投げているのにお隣さんは優雅に「待ち」の釣り。チキンのレバーをエサにCatfishを狙っているようです。

 

その後もラン・ガンを続けるもアタリはなく時間切れ。

6pmにこの公園が閉まるのでそろそろ車に戻らなければ。まだ明るいのに。。。公園閉まるの早いなあ〜。

 

魚は釣れなかったけど、綺麗な場所だし、陸っぱりもしやすいし。オイラのお気に入りのポイントになりました。

今度はボートでも借りてみようかな~。

ロス ヴァケロス Los Vaqueros, また来るよ~。(^-^)

 



よろしければシェアお願いします!(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 − 9 =