シーワールド サンディエゴに行ってみよう!その2 SeaWorld San Diego in California PART 2




シーワールド サンディエゴに行ってみよう!その2 SeaWorld San Diego in California PART 2

 

ちわっす。今回は前回の続き、シーワールド サンディエゴ SeaWorld San Diegoのお話です。ランチを食べた後、午後も色々観てまわるよ~。まずはFreshwater Aquariumから。ここには淡水に棲む珍しい魚がいるそうです。午後のこの時間は日差しが強いので、室内のアクアリウムはちょっと嬉しい。^^

早速Let's Go!

 

こちらFreshwater Aquariumの建物内に入ってきました。中はかなり薄暗いです。

まず、探している魚はFour-eyed fish. 日本語ではヨツメウオ。なんでもここには4つ目がある魚がいるんだとか。

色々水槽をのぞきながら見ていると、お、水面から目を出して泳いでいる魚を発見!!こ、これがもしやヨツメウオ!?

 

大きな眼球が水面から出て泳いでいる姿は確かにヨツメウオ!何とも不思議な魚ですね。ちなみにこの種はアマゾン川など、南米北東部から中米にかけての熱帯に多く生息しているようです。

また、後でネットで調べた所、実際の目は2つとのこと。それぞれの瞳を水平に横切る不透明の仕切りがあるため、目が4つあるように見えるところからこの名前が付いたみたい。

 

そしてこちらはオイラがお気に入りの魚、テッポウウオ。口から「水鉄砲」を発射して水面上にいる虫などを撃ち落として捕食するらしいのですが、まだその現場は見たことないです。。。

 

お目当てのさかなではないですが、こんなかわいい魚も。フグみたい。

 

そしてここにはもう一種類、どうしてもナマで見ておきたい魚がいます!

それがこちら、カルフォルニア・ゴールデントラウト  California Golden Trout

暗くて写真がブレてます。。。スミマセン。カルフォルニア・ゴールデントラウトはカリフォルニアにしか棲息しない固有種。来年、シェラネバダに釣りに行こうと計画しているので是非本物を見ておきたかった。

ここの水槽にいるカルフォルニア・ゴールデントラウトはおじいちゃんなのか、ちょっと元気がなさそうですが。。。



Freshwater Aquariumの次はお隣にある、TURTLE REEFへいってみました。

でたーー。デカイウミガメ。

 

悠々と泳いでいて、とてもカッコイイ。

 

そろそろ、アシカショーの開始時間のため、アクアリウムをあとにして、 Sealion & Otter Amphitheaterへ。

 

アシカ君たちが頑張ってショーを盛り上げます。とても賢い。

 

定番のボール芸。

 

アシカだけでなく、カワウソもたまに登場してクスっと笑わせてくれます。

 

アシカショーを見た後は、WILD ARCTICとPENGUIN ENCOUNTERへ向かいました。ここは寒い地域の動物たちがたくさんいます。

まずはWILD ARCTICから。建物の中は北極圏にある基地をイメージして構成されています。このへん、凝っているよね~。

 

隊員が寝泊まりするような部屋も展示されてます。冷房も効いているのか、心なしか寒い。。。

 

そして、この基地の窓から外を見ると、そこは北極圏。そして、何やら白い生き物が泳いでいます!

 

この生き物を水中から見るため、基地の中をさらに降りていきます。

 

そして水槽をのぞくと、、来た来たキタ――(゚∀゚)――!!

ベルーガ!! 手を振ると振りかえしてくれているよう。

 

さて、お次は寒い所つながりのPENGUIN ENCOUNTER. 建物内ではガラス越しにペンギンを見ることが出来ます。

 

氷山の上にはデカいペンギンが陣取ってます。エンペラーペンギンかな?

 

建物の外では小っちゃいペンギンたちを近距離で見れます。これもかわいい。

 

次回はシーワールド サンディエゴ編最終回!その3へ続く!!>>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − four =