イエローストーン国立公園を楽しもう 1. オールド・フェイスフル・ガイザー編 Old Faithful Geyser in Yellowstone National Park




イエローストーン国立公園を楽しもう 1. オールド・フェイスフル・ガイザー編 Old  Faithful Geyser in Yellowstone National Park

 

 

Hello, かなたです。グランドティトン国立公園 Grand Teton National Parkイエローストーン国立公園 Yellowstone National Park を巡る旅。今回からイエローストーン国立公園について紹介します。 イエローストーン編の第1回目はオールド・フェイスフル・ガイザーとその周辺エリアについて紹介です。ここはアッパー・ガイザー・ベイスン Upper Geyzer Basinとして有名なエリアで、「イエローストーンと言えばココ!!」という人も多いのでは。

ちょっと、イエローストーン国立公園の歩き方がわからない方のためにザクっと説明すると、イエローストーンはとてもシンプルで、園内を8の字の形でメインの道路が走っています。旅行者はこの8の字のループした道路を車で移動することによって色々な見どころを廻るわけですね~。

ちなみにこちらの地図の通り、オールド・フェイスフル・ガイザーとそれを含むアッパー・ガイザー・ベイスンというエリアはこの8の字ループで言うところの左下に位置します。

 

それではオールド・フェイスフル・ガイザー&アッパー・ガイザー・ベイスン編スタートです。

 

まずは、こちら、泊ったホテルの紹介です。オールド フェイスフル イン Old Faithfull Inn (の玄関ロータリー)。こちら、世界最大級のログハウスで、1904年開業。公園内に最初に建設された宿泊施設でもあります。グランドティトン国立公園から移動して夜遅くにホテルに着いたので暗い写真ですみません。

こちら、エントランスを入った中央ロビー。ログハウスとは思えない吹き抜け。中央にある振り子時計が凄く趣があります。

 

こちら、2階から中央ロビーの吹き抜けを見た所。このように2階3階には休憩スペースが広がっています。

また、2階から続くテラスに出るとそこからは間欠泉オールド・フェイスフル・ガイザーが見れるという立地です。ちなみにこのホテルから間欠泉オールド・フェイスフル・ガイザーまでは歩いて数十秒ぐらいしかかかりません。

部屋に入るとバイソンのぬいぐるみがお出迎え。部屋の中もログハウス調で統一されています。




翌朝、早速このエリアの目玉、オールド・フェイスフル・ガイザーを見に行きます。この間欠泉は定期的に60-90分間隔で噴出するらしく、次の噴出時間はホテルのロビーで確認できます。

こちら、ホテル、オールドフェイスフルインの外観。

 

噴出の時間が近づくと間欠泉の周りはこんな感じで人だらけになります。数千人ぐらいいるんじゃないか。。。

 

それではこちら、オールド・フェイスフル・ガイザーの噴出時の写真です。

1.まずは噴出開始時。

 

2.ぐんぐん熱水の柱が上がっていきます。また、発生した大量の湯気が左側に流れています。

 

3.熱水の柱もこの辺がピーク。かなりの迫力です。

この後は少しづつ減衰して元に戻ります。迫力のある時間は数分間ぐらいですね。

 

1、2時間後にはまた見ることが出来るので、迫力がなくなると皆さんあまり粘らず、いそいそとその場をあとにします。




 

さて、オイラ達はここ、アッパー・ガイザー・ベイスンのトレイルを歩きます。目的地はモーニング・グローリー・プール Morning Glory Pool

地図右下のオールド・フェイスフル・ガイザーから、モーニング・グローリー・プールまではサクサク歩けば片道1時間もかからないトレイルですが、道中には多くの魅力的なプールやガイザーがあるため、立ち止まって観察したりガイザーからの噴出を待ったりしていると何時間も楽しめるコースになります。(^^)

 

早速出発です。トレイルはほとんどこのような木目調の板でできたコースの上を歩いて行きます。ここから降りてはいけません。

どこかで釣りのチャンスがあるかもと、念のためパックロッドをいつもバックパックに忍ばせてます。(ここのトレイルでは釣り禁止です。)

 

このトレイルでは、キャッスルガイザー、ジャイアントガイザー、ビューティープールなどなど、オールドフェイスフルガイザー以外の多くの有名なプールやガイザーを目にすることが出来ます。

多すぎて名前付けるのに苦労したんじゃないかなと思うくらい。。。

個人的にはプールやガイザーの名前とかはあまり気にせず、純粋に火山の、地球の鼓動を感じてもらいたいですね。

 

幾つかご紹介します。

こちら、トレイルを開始してすぐ目にするキャッスルガイザー。

 

そのすぐ横のプール。

 

キャットフィッシュガイザー。

このガイザーの前でお昼のサンドイッチ食べていると、運よく噴出が始まったのでそちらもパシャリ。




 

また、このベイスンには南北にファイヤーホールリバー Firehole Riverという川が流れているのですが、至る所で湧き出した熱水がこの川に注いでいます。このベイスンまわりの環境はお魚さんが住むには厳しそうですね。。。

 

プールによって、その色は様々でブルーのモノばかりではなく、こちらのように茶色のものもあります。

 

オールド・フェイスフル・インが結構、遠くなりましたがまだトレイルは続きます。

 

大小、色の違う多くのプール、間欠泉を見ながら先に進みます。さすがに箱根の大涌谷とは規模が違うね。。。

 

そして、トレイルの最終目的地、モーニング・グローリー・プールに着きました~!!

それが、、、

こちら!!

ブルーからイエローへの色のグラデーションがとても綺麗です。

 

大きさは他のプールと比べて、さほど大きいわけではないですね。オイラとくらべてもこれぐらい。

 

モーニング・グローリー・プールを見た後は、違うトレイルコースを通って、ホテルまで戻ります。

 

アッパー・ガイザー・ベイスン でのオールド・フェイスフル・ガイザーとモーニング・グローリー・プール巡り、是非オススメです。

(^ー^)

イエローストーン国立公園 & グランドティトン国立公園 特集ポータルページはコチラ >>




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 − five =