フィッシング in コロンビア川 その1(Columbia River in Oregon)




フィッシング in コロンビア川 その1(Columbia River in Oregon)

 

Hello, かなたです!! 今日は待ちに待ったガイド付きのチョウザメ(sturgeon)釣りの日。本当はサーモン釣りだったけど、最近サーモンが釣れないということで、チョウザメに変更となりましたが。それでも楽しみ!ボートでコロンビア川に出て大物狙うよ~。

起床は早朝4時。オレゴン州、ポートランドの宿を5時に出発です。待ち合わせの場所はポートランドから車で約45分の所にあるカスケードロックスマリンパークCascade Locks Marine Park。ここからボートで出発予定。

 

と、調子よかったのはここまで。。。ガイドと会ってミーティングをすると、今日は風が強すぎでボートを出して釣りできないとのこと。一緒に行くはずだった別のパーティはそれを聞いて早々に諦めて帰るし。ガイドは前金を返金しようともう現金出してるし。。。(T_T)

地元じゃないのでこっちは今日しかコロンビア川で釣る日がないんだよ~。

と、いっても自然には勝てません。代替案を考えてなかった自分を恨むしかない。そうか、ボートで釣りをするときはこういうリスクがあるのか。勉強になった。

 

と、いうわけで朝6時半にガイドと別れてすることもなしに公園をブラブラ。

薄暗い中、公園の桟橋には営業前の遊覧船が泊ってる。。。

 

いきなりやることがなくなったので、コロンビア川沿いをドライブしていると、ボンネビル養殖場BonnevillFish Hatcheryという場所があったので社会科見学することに。看板にはあわせてSturgeon Centerの文字が。今日釣る予定だった魚だけでも見てくるか。。。

 

中はこんな感じです。養殖用のプールがたくさんある。

 

まずはコーホーサーモンCoho Salmonのプールから。

 

幼魚がいっぱいいる。。。元気に育ってくだされ~。

 

続いて訪れたのはコチラの池。"White Sturgeon"って書いてある。チョウザメいるのかな?

 

大きな魚影はいくつか見えるのですが、上からだとよく見えないので、なんとか水中にカメラを入れて撮影してみます。

水面にやっと手が届くぐらい。

 

そして、水中を撮った写真がコチラ。うぉ、チョウザメ、たくさんいる。デカイ。。。こんなの釣りたかったな~。

しかし、池の底には観光客が投げ入れたたくさんのコインが。なんでみんな池があるとコインを投げ入れるんだろ。。。

 

あれ、チョウザメ用の池なのにニジマスが一匹混じってますね。

 

ちなみにニジマス用の池は別にありました。上からの写真ですが、コチラ。しかし、このニジマスもデカイ。Sol Duc Riverのフライフィッシングで釣ったニジマスとは大違い。。。

 

養殖場の魚たちを見ているとどうしてもコロンビア川で釣りがしたくなってきました。

強風でボートは出せなかったけど、陸から釣るか!!おかっぱり用のタックルなら車に少しはあるし。(今日のボート釣りはタックルは全てガイドが準備するはずでした。)

 

と、いうわけで、強風の中、陸から釣りをするため最初の公園(カスケードロックスマリンパーク)に戻ってきました。ちょうど公園に来る途中、ベイト屋を発見したのでついでにワームも購入。

 

ここには釣りがしやすいクリークがあるのでここで始めることに。他の釣りしている人がいたので話を聞くとここからでもサーモンが狙えるかもと。本当かな~。

 

魚群探知機ディーパーを持ってきていたので調べてみると、こんな狭いクリークなのに深い。水深が11mもある。

魚影はおそらく重複しているものあると思いますが、どのタナにも魚はいるのかも。

 

早速キャストしてみます。が、流れが急すぎて、一番重い4ozのオモリでもあっという間に流されていって下流の方で自分がいる側の岸側にへばりついてしまいました。オモリが流されるのが止まったと思ったら根がかりだし。どうしたものかな。。。

 

結局、餌にも、ルアーにも魚の反応なし。他のアングラー達も諦めて場所を移動しているので、私たちも移動することに。

風は強いし、流れは速すぎるし。コロンビア川しんどい。

 

次回は爆釣の予感。(^ー^)

”フィッシング in コロンビア川 その2(Columbia River in Oregon)” へ続く。>>




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen + 16 =