ハイキング in マウントレニエ国立公園 -その1 (Mt Rainier Washington)




ハイキング in マウントレニエ国立公園 -その1 (Mt Rainier Washington)

 

Hello,かなたです。今回はワシントン州にあるマウントレニエ国立公園にハイキングに行ってきました。日本の皆さんには「マウントレーニア」と言ったほうがなじみがあるかもしれません。森永のカフェラテのブランド名として有名ですよね。この国立公園はワシントン州最大の都市シアトルSeattleから2時間半ぐらいの所にあります。8月は高山植物が咲きまくっているのでとても人気のシーズンとなりますね。国立公園内はとても広く、いくつものトレイルがあるのですが、今回はその中でもマウントレニエ南麓にあるパラダイス(Paradise)と呼ばれる地域を拠点にハイキングをしてきました。

 

パラダイスにある、ビジターセンター裏のこの石の階段が各トレイルコースのスタートになっています。今回はその中でもスカイライントレイル(Skyline Trail)にチャレンジします。このトレイルは1周約4-5時間で、パラダイス地域の最高地点パノラマポイント(標高2073m)まで上がります。おもな見どころは咲き乱れる高山植物とマウントレニエの氷河。このトレイルではニスカリー氷河(Nisqually)を間近に見ることができます。

 

早速、ハイキング開始です。ワシントン州とはいえ、夏は昼間は日差しが強くとても暑いです。飲料水は多めに持っていきましょう。登っていくと標高が高くなるにつれて涼しくなってくるはずですが。それにしても足元で花々は咲き乱れてます。

 

しばらくトレイルを進んでいると、シラガマーモットが出現!!

 

こちらにも。なかなかかわいいですな〜。

 

さらに進んでいくとかなりマウントレニエの山頂が大きく見えてきました。神々しい山と足元の花々のコントラストが素晴らしい。

 

さらにトレイルを進むとグレイシャービスタGlacier Vistaと呼ばれる、展望ポイントにつきました。ここからの主役は氷河。このポイントからはニスカリーNisqually 氷河を見ることができます。

このグレイシャービスタGlacier Vistaまで来て引き返す方も多くいるのですが、スカイライントレイルはまだまだ続きます。パラダイス地域の最高地点(2073m)である、パノラマポイントを目指してさらに上ります。

 

途中、またシラガマーモットが。かなり個体数多いね。

 

トレイル開始から2時間半ぐらい経過してパノラマポイントに到着。周りの山々が一望できます。

 

景色を見ながら昼食です。

 

昼休憩の後はトレイルの後半開始です。実はもうちょっとだけパノラマポイントから登ります。

 

恐らく、ここらへんがこのスカイライントレイルの最高地点。マウントレニエの頂が迫ってくるように見えます。かなりの迫力。残雪もかなり多いです。

実際にはマウントレイニエは4392mあるので、ここからさらに標高差2000m以上ありますが。。。

 

それでは下って行きます。至る所に雪解け水による小川が流れています。ちょっと標高が高いのでこの辺はまだ苔みたいな植生ですが、かなり綺麗。

 

少し下ると暖かいので植生がガラっと変わります。こちらは小川の周りに咲いている高山植物たち。

 

トレイルの斜面にも咲きまくっていました。いくつかご紹介します。

 

こちらも。

 

もう一枚。

 

 

トレイル開始から5時間ぐらい経過して、スタート地点のビジターセンターまで戻ってきました。長かったトレイルも終了です。

 

ちなみにビジターセンターの中はこんな感じです。

 

今回はマウントレイニエ南麓のパラダイス地域を拠点としたスカイライントレイルにチャレンジしましたが、「迫力ある氷河」と「咲き乱れまくっている高山植物」、「たまに出現する動物たち」と、大満足の内容でした。(^ー^)




 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 − 10 =