サンフランシスコに行くならヨセミテ国立公園まで足を延ばそう!(グレイシャーポイント編)




サンフランシスコに行くならヨセミテ国立公園まで足を延ばそう!(グレイシャーポイント編)

 

ヨセミテ編第2回です。第1回を見てない人はコチラ。今回はヨセミテバレーの谷底を出発して山の上に向かいます。目指すはグレイシャーポイント(Glacier Point)そこからの眺めはとにかく最高なのだとか!また、グレイシャーポイントに向かう途中、トンネルビューという場所も有名。色々なメディアにも取り上げられている場所です。

それでは出発。道はこんな感じ。車で森林浴しながらゆったり移動する感じでとても気持ち良い。オープンカーだったらな〜。と思ってしまう。。。

 

しばらく車を走らせると、早速トンネルビューに到着。なるほど絶景。向かって左側のデカイ絶壁がエルキャピタン(El Capitan)。真ん中に小さくハーフドームが見えますね。

なるほどオイラ達はこの真ん中の森の奥から上がってきていたのね。

 

さらに車で登ってちょっと休憩すると、、ん、ここはまだ雪が残っている。確かに少し冷えるし。。。

 

さらに上ること10分。グレイシャーポイントに到着。その絶景は。。。コチラ!! 言葉いらない。。。

ハーフドームの向こうにはシェラネバダ山脈が連なって見えます。残念ながら私の撮ったこの写真では実際の迫力の3割ぐらいしか伝わらないです。。。

実はヨセミテで一泊してもらいたい理由はここにあります。このグレイシャーポイントは谷底のヨセミテバレーからちょっと距離があるので日帰りツアーでは来ない場合が多いのです。勿論バレーから見上げる景色も良いですが、個人的にはここの迫力がNo.1ですね。(^ー^)

 

ちなみに真下(ヨセミテバレー)を覗くとこんな感じ。さっきまでいたところですね。

 

リスさん発見。後ろ、断崖なのに怖くないのかな。。。

 

グレイシャーポイントを散策した後は、車に乗り込み再びヨセミテバレー(谷底)へ。今日の宿を目指します。

 

谷底へ着くと、空はまだ明るいですが、周りは薄暗くなってました。

 

コチラが本日、宿泊予定のカリービレッジ。実はこのビレッジが背にしている断崖の真上が先ほどまでいたグレイシャーポイント。飛び降りれば宿にすぐ着いたのね。(^^)

 

受付けを済ませます。

 

その後、所定のテントへ。そう、泊る所はテントなのです。ホテルが予約一杯だったこともあるけど、テントも面白そうという理由で今回、チャレンジしました。^^

忘れてはいけないのはここはヨセミテの大自然の中。クマなどが出るのでテントの中や車に食べ物を置いてはいけません。持っている場合はテント外の鉄のケースへ。

ゴミ箱も鉄製です。レバーがあり、人間しか開けられません。

 

テントの中はこんな感じです。軍隊の野営テントみたい。しっかりしてますよね。

 

おなかがすいたので、何か食べに行きます。今日のディナーはピザ。

 

実際のピザはこちらなかなかのボリュームです。

 

食べ終わると、辺りはもう真っ暗。ヨセミテバレーの夜は夜更けは早い。動物も人間もお休みです。

 

二日目へ続く。>>


アウトドアランキング




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 + 9 =